美味しい 楽しい オーガニックライフ

もち麦/キラリモチを無農薬・無化学肥料栽培しました

2019/05/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
KONA-KEN
心と身体に優しい健康生活を目指し独立開業しました。健康野菜、もち麦などを無農薬栽培で挑戦中。「医食同源」「美食同源」という考え方を基本に、健康茶、健康食品の開発もしながら毎日を楽しんでいます。遅くにできた子供たちのために、頑張っていますので応援よろしくお願いします。

もち麦/キラリモチの無農薬・無化学肥料で栽培、4年目の挑戦

こち麦初心者、水田利用で失敗続きの3年間

希少ながら人気のもち麦キラリモチを通販で購入して食べてみたところ、「今までのもち麦で一番おいしい」「食感が楽しい」「朝のスッキリが実感できる」「クセが全くない」など、家族全員が大絶賛でした。

「よしっ、うちでも作ろう」と思い4年前の夏に種を探しました。
ところが販売サイトでは、すでに完売。
でも、あきらめたくなかったので在庫の可能性がありそうなところを、紹介の紹介の・・・・
やっと、たどり着いた研究機関に譲っていただけることになりました。
父ちゃんは、頑張りました。
子供たちの「美味しい」にはかないませんから。

水田の稲作終了後は、例年ですと農業法人さんに貸して小麦を作っていました。
だから、もち麦も同じようにできるだろうと思ったのです。

しかし、農業法人さんは、最新式の大型トラクターと優れたパーツを使い、稲の切り株と硬い泥の塊を一瞬にして粉々、さらさらにしていきます。
湿害対策の溝切もわずか数分で完了。
播種と施肥も近代的にあっという間に終わっています。

一方、我が家にあるのは、旧式のトラクターと鍬とやる気だけ。
これでは、「下町ロケット」と「原始人」ほどの差ですね。

でも、原始人なりに頑張る決意をしています。
トラクターで数回耕し、湿害対策の溝は鍬を使って2日かけて掘りました。乾いた田んぼは、硬くて深くは掘れないので、少し畝建てして高低差を作り種まきをすることにしました。

施肥は、自家発酵の米ぬかもみ殻ぼかしなどを入れ、播種は、筋蒔き4分の1、あとはバラマキにしました。
筋蒔きの畝建ては、体力的に無理と判断し、バラマキに切り替えたものの土はどうやってかぶせよう?
と両親に尋ねたら、「そんなの簡単だよ!種をばらまいた後に浅めにトラクターで耕せば種に土が乗るよ。」
うん!楽そうだ。これでいこう。

でも、これが大失敗の原因でした

バラマキした方は、発芽率が絶望的で30%くらい。
おまけに、麦踏用の鎮圧ローラーを持っていないので自分の足?これも無理があります。
さらにスケスケまばら状態に弱々しく生えているもち麦は雑草に追い越され、やがて雑草に飲まれてしまいました。

美味しいだけではない、健康には大変良いもち麦なんだから、無農薬・無化学肥料で作りたい。
除草剤も使わない。
そう決めていたのに、やり方が甘すぎました。
そして、自然界のパワーバランスをもっと考えなければいけないということを学びました。

雑草が種を作る前に、早期の耕し作業や、土壌のpHのコントロール、さらに有用菌の住処となる発酵有機物の投与、害虫と益虫のバランスでは害虫の天敵となってくれる虫たちの住処を無くさない、高さを残した草刈り(地面から10cm以上残して刈る)など。
たくさんの課題が見つかり、やりがいもさらにアップして4年目を迎えました。

もち麦を元気に育てる土壌作りから

土壌改良を少しずつ繰り返して3年が経ちました。

9月の後半からもみ殻ぼかしともみ殻燻炭を数回に分けて投入しました。
もみ殻ぼかしは、米ぬかともみ殻に自家製発酵エキス(玄米・塩・黒糖の発酵エキス)の200倍希釈液を
ジョーロでかけながら、ぎゅっと握って作った塊がぽろっと崩れる程度の水分量を目安に蓋つきポリバケツ(70ℓ)に作ります。
翌日には、発酵熱が上昇し始め3日目には60℃を超えることもあります。
3日に一度は撹拌をします。その後、2~3週間で温度は下がり完成です。
好気性の善玉菌で発行した米ぬかともみ殻からできたぼかしは、大変優秀な肥料です。
窒素、リン酸、カリ、カルシウム、マグネシウム、鉄、ケイ酸、他たくさんの栄養が補えるのです。

自家製もみ殻発酵ぼかし

もみ殻燻炭も大活躍です。
麦は酸性に弱いと言います。
そこで私は、酸性に大きく傾いた土壌をアルカリに近づけたいのでもみ殻燻炭を使います。

自家製もみ殻燻炭

燻炭は、アルカリ化だけでなくミクロの穴をたくさん持ち善玉菌の住処になります。
茎や葉をしっかり丈夫な麦や稲を育てるには、ケイ素が重要です。
「現代の植物はケイ素が足りない」なんて聞いたことがありますが(多分、化学肥料の宣伝文句)もみ殻ぼかしともみ殻燻炭にはケイ素がたくさん含まれていますので期待できます。

5月後半の収穫以降、つゆが明けたころから麦わらをすき込むのと雑草の新芽を退治するために耕します。
その後、9月の後半あたりからもみ殻ぼかしと燻炭を数回に分けて投与します。
10アールあたりぼかしで300kg、燻炭で100kgくらい入れました。

大変でしたがこの3年で、硬いガレ場のような圃場がふかふかに生まれ変わりました。

湿害対策の溝切

11月中旬になり土壌も整ってきたので、いよいよ湿害対策の溝切です。
麦は、水はけの悪い環境を嫌います。地中の空気不足で発育障害となり最悪は枯れてしまうこともあります。

原始人は、3年前は硬い田んぼに鍬1本で溝を掘ったのです。

しかし、大型のオプションパーツに高額な費用はかけられません。
そこで見つけた代用品がこの中古の培土器です。
トラクターの後ろに着けてゆっくり耕しながら進むだけです。
(注意:バイドバンの高さはロータリーが耕す高さよりも数センチ高いことが必須です。逆だと破損してしまいます。)

鍬1本の1000倍楽でした。
ちなみに、中古で6000円でした。

培土器(バイドバン)

種まき

種は、1反で8kg~という事でした。

キラリモチの種

我が家に“ニューマシン”の登場です。
その名も「種まき機ごんべい」!
播種機は、いろんなメーカーさんのものがある中で、息子のお気に入りが「ごんべい」だったのです。
かっこいいでしょ。

ちなみに、播種機は初めて使いましたが感動しました。
とても正確に播種できます。
ただし、設定ミスで多く蒔きすぎて1反あたり12kgほど使ってしまい、種が足りなくなってしまったという反省点が残りました。

種まき機ごんべい

10日ほどで元気な芽が出そろいました。
発芽率は、かなりよさそうです。

もち麦の麦踏について

麦踏の時期は、播種から1ヶ月半、若葉が3~4枚になったころの1月中旬から麦踏をします。
2月20日ごろまでに2~3回を目標に頑張ります。
キラリモチの播種は、11月末~12月初旬と他の麦より遅くてよいので我が家(愛知県)ではこのタイミングになります。
播種の時期は遅く、収穫時期は早めというのもこの品種の特徴ですね。

麦踏は、麦の収量に最も大きく影響すると言われるほど大切なことなのです。

そもそも、なぜ麦踏をするのでしょうか?
踏めば踏むほど強くなる?

麦踏の目的は?

しっかり踏むことにより霜柱によって浮き上がった地面が治り、根がしっかりはることにより力強く成長します。
さらに、キズづいた麦は水分を吸い上げる力が弱まり耐乾性も向上します。
そして麦の生命力なのでしょうか分げつ(葉腋つまり葉の付け根から新しい枝が増える)も促進され収量アップに直結するのです。

つまり、踏むほど強くなるんですね。

よーっし!頑張って踏むぞー!




10分で疲れちゃいました。
う~ん、どうしよう?
ひらめき!

1月の終わりから麦踏

車で踏んでしまおう!

前進、バック、前進、バック・・・100往復はしました。
特にバックが辛いです。
ミラーを見ながら外さないように、しかも急ぎ気味で。

おーーーえっ。

自分の運転で初めて車酔いです。

しかし、驚きです。とってもきれいに踏めました。

自家用車で麦踏

発酵米ぬかで追肥

自家製玄米発酵エキス

成長し始めた3月初旬

穂が成長してきました

四月後半でもうじき収穫できそうな雰囲気に

完熟、収穫時、畑は黄金に

もち麦(キラリモチ)は長いひげが特徴

穂を手で揉めば簡単に粒がでてきます

昔ながらの天日干しにこだわりました

殻などのごみを取り除いた精麦前のキラリモチ

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
KONA-KEN
心と身体に優しい健康生活を目指し独立開業しました。健康野菜、もち麦などを無農薬栽培で挑戦中。「医食同源」「美食同源」という考え方を基本に、健康茶、健康食品の開発もしながら毎日を楽しんでいます。遅くにできた子供たちのために、頑張っていますので応援よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 心と身体の健康生活 KONA-KENのブログ , 2019 All Rights Reserved.